自己治療が難しいパーソナリティ障害を治そう!

人格に障害を持つ問題

スーツの男性

パーソナリティ障害は成人してからも異常な言動や行動を見せてしまうことが多く、周りがそれで振り回されることも珍しくありません。こういった場合は専門的な治療をするのが一番で、本人にとってもいい効果となってきます。専門病院で地道に治療に励んでいくことで、社会生活も楽になる可能性があります。

もっと見る

専門医に相談するメリット

女の人

パーソナリティ障害は、昔は単なるわがままや個人的な資質として扱われることの多かった症状です。しかし研究が進み、脳内の神経伝達のメカニズムなどによる影響もあるとわかってきました。医学的に原因が明らかになれば患者と周囲との相互理解が可能になるので、心当たりのある人は一度専門医を訪ねてみるとよいでしょう。

もっと見る

つらい症状です

メンズ

対人関係や、情緒不安定などの症状が見られるパーソナリティ障害は、早期発見、早期治療が重要です。周囲だけでなく本人でも気づきにくいものですので、少しでも異変を感じたらすぐに受診しましょう。症状の改善までは時間がかかる場合がほとんどですが、症状によっては劇的に回復することもあります。

もっと見る

問題的なパーソナリティ

笑顔の男の人

パーソナリティ障害にはいろんな種類のタイプがいます。その種類によって人に見せる態度も変わり、周囲に迷惑をかけてしまうことが多くあります。周囲の人たちはパーソナリティ障害の人が出してくる行為から感情に振り回されないようにすることが大事です。

もっと見る

性格や個性と病気との違い

笑顔の女性

人にはそれぞれ個性があり、1人1人性格が異なります。そうした個性の範囲を逸脱し、社会生活や他人との協調に支障を来すようになる病気がパーソナリティ障害です。性格の問題と誤解されますが、精神科ではパーソナリティ障害を治療可能の病気として扱います。有効な治療法も数多く確立されているのです。

もっと見る

人格に問題がある障害

男の人

種類による特徴的な症状

パーソナリティ障害とは、育ってきた環境やもともとの性格的な部分から起きてしまう症状です。この症状のためにトラブルを起こしてしまうことも多く、自分でそれを改善することもなかなかできません。パーソナリティ障害はその症状によって種類に分類され、それぞれに支障を感じるときは治療が必要とされています。まず、パーソナリティ障害の中でも多いのが境界性パーソナリティ障害です。これは自分を必要としてほしいために自傷行為を繰り返したり、アルコールや薬に依存してしまう症状です。心の寂しさや、誰かに依存していないと自立できないところが目立ちます。次に、自己愛性パーソナリティ障害では、自尊心があまりに大きいために人を見下すところがあります。自尊心のあらわれは自信のなさを意味することもあり、過剰に反応してしまうことで孤立してしまう人も少なくありません。また、反社会性パーソナリティ障害では、要領の良さを持ちながら無情に人を傷つける行為をする症状です。そして回避性パーソナリティ障害では、人から称賛されることを極端に恐れるといった症状を持ちます。このような人たちは、社会的に生活を送るのが困難になってしまうことも多く、転職や離婚を繰り返したりなどのトラブルが目立ちます。専門的な治療で改善していくことはできるので、前向きな検討が求められます。

治療の必要性

精神科や心療内科では、このようなパーソナリティ障害の人の治療も行われています。精神状態が安定しない場合は、抗うつ薬などで安定させていくことで落ち着きを取り戻すことができます。その上で、カウンセリングを重ねて心のケアをしていき、認知行動療法では適切な判断を指導していきます。こういった治療法で、今まで悩んでいた症状も落ち着くようになり改善も期待できます。すぐには効果がなくても、徐々に実感してくるようになるので、治療を受けることはとてもためになります。パーソナリティ障害になる原因は、そういった性質が少なからずあることや、過去に受けた心の問題にも大きく関係してきます。これを根本から見直していき、少しでもデメリットになってしまう症状を抑えていくことができれば、社会生活も送りやすくなります。人にはいろいろな性格がありますが、健常な社会生活を送るにはトラブルは避けなければいけません。もしそれが人格によるものであれば、見直す必要があります。周囲に迷惑をかけてしまう以上に自分を苦しめてしまうことになるので、そこから抜け出さなくては解決はできません。そのきっかけを作ってくれるのが専門的な治療となるので、これで問題も1つ1つ解決していけるようになれます。

Copyright © 2016 自己治療が難しいパーソナリティ障害を治そう! All Rights Reserved.