自己治療が難しいパーソナリティ障害を治そう!

問題的なパーソナリティ

笑顔の男の人

感情に振り回されないこと

パーソナリティ障害はいろいろと種類がありまして、その種類によってそれぞれあらわれてくる性格も違ってきます。境界性、回避性、演技性、反社会性、自己愛性、強迫性などがあり、それらすべてパーソナリティ障害の種類となります。どの種類のパーソナリティ障害も周囲に迷惑をかけてしまうことがあり、それによって本人も苦しむようです。人によっては、付近にパーソナリティ障害らしき人がいたり、ちょっと性格が合わないと感じる人がいるかもしれません。その様な人と職場や近所でかかわってしまう場合は、あまり感情に振り回されないようにしましょう。パーソナリティ障害の症状としては、同情するようなことを言ったり、虚言癖があったりするようです。また、人の気持ちが分からずに、無関心な行動をとることがあります。さらに、誰かに悪口を言われているのではないかと気にしたり、相手の感情を振り回す行為をしたりする方もいます。パーソナリティ障害の方と付き合うときは、これらの行動に振り回されず、自分のペースを維持していくことが大切です。

それぞれのタイプの特徴

パーソナリティ障害は最近知られてくるようになってきたもので、そのような障害が発症する原因は実はまだはっきりと解明されておりません。主に心理的なものが要因となって発症するのではないかといわれていますが、まだまだ研究段階なのです。境界性は認められたい人に見捨てられる不安を強く抱いているもので、ちょっとした相手の行動から裏切られたと強く思い攻撃するタイプもいます。回避性は人に嫌われる恐怖を持っているため人とかかわることを避けるものです。演技性は常に自分が一番目立っていたいと思い大げさな言動や虚言など繰り返したりするものです。これら症状を治療しようと考えている方は、精神科のあるクリニックに継続的に通院することが大切です。精神科では医者が患者の症状を診断して、パーソナリティ障害のなかでもどの分類に当てはまるのかを判断してくれます。治療方法は治療薬を処方されたり、定期的にカウンセリングを受けたりと様々ですが、最も適切な方法で治療を行なってくれます。

Copyright © 2016 自己治療が難しいパーソナリティ障害を治そう! All Rights Reserved.